ブログ - 最近のニュース

ヴァン・グリ

の優れた "ほぼ白 "のワインに与えられる指定です。 シャンパン 当時は、若い白ワイン(微妙にピンクやロゼの香りがする)が多く、樽でイギリスに出荷されていました(サン・エヴルモンも参照)。春の温暖な気候のため、樽の中で二次発酵することもありました。すでに生き生きとした発泡性のあるこれらのワインは、樽からイギリスのボトルに移され、暖かいセラーで発酵を続けました。イングランドでは、ポルトガルやスペインとの交易が盛んだったこともあり、オークのコルクが古くから使われていた(現在シャンパーニュ地方でよく使われている麻や木の原始的な栓とは対照的である)(彼らのビールやエールの瓶を閉めるためなど)。このようにして、原始的な前駆体である シャンパン ドン・ペリニヨンやフレール・ジャン・ウダールの約20年前に、この地方の白ワインの完成を目指していたのです。
カリフォルニアでは、Vin Grisという言葉が小さなルネッサンスを経験しており、非常に優れた多かれ少なかれピンク色のワインがこの名前で知られています。

シャンパーニュ地方とその周辺で栽培されている古い価値のあるブドウ品種ピノ・グリ(以前はフロメントーとも呼ばれていた)も、Vin Grisという名前の由来になっているかもしれません。ピノ・グリはその後、シャンパーニュ地方のシャルドネに栽培を奪われた。Pinot Grisは、有名なPinotファミリーのブドウ品種です。完熟するとグレーからピンクの色になります。ドイツでは、この品種はリューレンダーと呼ばれています。現在でも、アルザスではトカイと呼ばれることがあります(ただし、「トカイ」は実際にはハンガリーの有名なワインの名前です)。16世紀にはすでに、シャンパーニュ地方のピノ・グリやピノ・ノワール(当時は「モリヨン・ノワール」と呼ばれていた)から作られる優れたワインが重要視されていた。その間に、高品質のピノ・ノワール、ピノ・ムニエ、シャルドネがシャンパーニュ地方に定着してきました。しかし、有名なセラー・マスターであるドン・ペリニヨンは、当時、ピノ・グリというブドウ品種をよく知っていたはずです。

ja日本語